賃貸物件は入居時に敷金を大家さんに預けます。退去時に少しでも多く返してもらうコツについて説明いたします

賃貸契約の保証人について知っておこう
賃貸契約の保証人について知っておこう

賃貸物件の敷金を多く返してもらう方法

一般的に賃貸物件を契約し、入居する際には大家さんに敷金を預けます。敷金は一旦預けるという属性のお金ですので、物件から退去する際には、トラブルがなければ基本的に返ってくるお金となります。ではどのようなことがトラブルになるのかというと、内装や設備に不具合が生じ、借りる前の状態にしなければならなくなった場合です。これを現状回復義務といい、主に借り主の不注意や過失による原因が、現状回復義務に繋がります。退去時に現状回復義務が生じなければ、預けた敷金は丸々返ってくる仕組みです。

ではどのようなことに注意して生活すれば、現状回復義務が発生することなく敷金が返ってくるのでしょうか。それは基本的な掃除を適切に行うことが最も重要なことです。具体的にはタバコは室内で吸わず、壁紙や天井クロスにヤニなどを付けないようにする、家具の脚にはカバーを付け、フローリングには傷を付けないようにする、適切に換気や掃除を行い、カビを発生しないようにするというような、毎日の生活で気を付けることばかりです。

また、設備についても故障した場合にも、原因が借り主の不注意だと言われないように適切に使用することを心掛けることが非常に重要です。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸契約の保証人について知っておこう.All rights reserved.