土地は資産価値が大きいがそのために相続のリスクがある。賃貸のほうがシンプルな暮らしをしやすい。

賃貸契約の保証人について知っておこう
賃貸契約の保証人について知っておこう

相続のリスクを避けやすい賃貸の暮らし

相続にかかわる税制が改正され、来年の一月から施行されようとしています。まだまだ実感を持っていない方も多いように思われますが、ある程度土地に価値があるようなエリアであれば、金融資産も含めると、比較的簡単に相続税の対象範囲になってしまいます。思ってもみなかった金額を国庫に納めなければならなくなってしまったり、土地を売却などしなければ、どうにもならないということもできてくることもあるでしょう。

土地を所有しているということは、以前から地価の動きを意識しなければなりませんでしたし、その活用方法などで悩ましいこともありました。どうしても住まいなどの建物は築年数の経過とともに劣化もしてくるわけで、建設時の費用だけで収まることはありません。しかし賃貸物件で暮らしていると、地下に関してあまり関心を持つことがなくて済みます。またそもそも土地資産を持たないことになるので、相続時にトラブルが起こりにくいということもあります。

土地は頼もしい資産になります。しかし相続税のハードルが引き下げられるようになると、土地を取得しているということは、さまざまな心配ごとを抱えることにもつながりかねません。賃貸のほうがはるかにシンプルな暮らしができることになるでしょう。

Copyright (C)2017賃貸契約の保証人について知っておこう.All rights reserved.