賃貸では個人情報や、どう言う人が住んでいるか知られないために、プライバシーの露出には充分な注意が必要です。

賃貸契約の保証人について知っておこう
賃貸契約の保証人について知っておこう

賃貸一人暮らしではプライバシーの露出を慎重に

賃貸での一人住まいは空き巣やのぞきの標的にされやすいと言われています。特に、若い女性は賃貸で一人暮らしをするならプライバシーの露出に慎重になることです。外部から室内をのぞかれないように注意したいものですが、それにはカーテンは遮光タイプのものを選び、外出時は必ず室内の様子が知られないように閉めていくことです。また、玄関のドアにドアスコープが付いているものが多いですが、ドアスコープは外から中をのぞくことができるレンズが売られているので、外からは見られないと安心してはいけません。内側に紙などを貼って、中が見えないようにしておくことです。

また、名前と住所と電話番号などの個人情報が、他人に知られることは絶対に避けたいです。ポストや表札にはフルネームは書かないことです。名字だけで問題ないので、女性の人は特にそうすることです。さらには、ゴミを出す時にも注意が必要です。郵便物は個人情報が記載されているものも多いので、請求書や領収書などは丸めるだけでなく、細かくちぎったりシュレッダーにかけて捨てるようにすることです。できれば、ゴミの収集時間の直前に出すようにして、外部にさらす時間を短くすることが重要です。

Copyright (C)2017賃貸契約の保証人について知っておこう.All rights reserved.