賃貸物件でも出来れば新築・築浅物件を購入することは重要です。その内容と選択時の注意点を説明します。

賃貸契約の保証人について知っておこう
賃貸契約の保証人について知っておこう

新築・築浅賃貸物件の購入と注意点

賃貸契約といっても、可能な限り新しい物件を考慮することは重要です。賃貸は基本的に長期契約の場合が多く、特に住宅は住み心地が大変重要な要素だからです。そこで、新築・築浅賃貸物件というものがあります。新築物件とは、建築が未完成または完成後1年以内の建物のことです。築浅物件とは一般的に、未入居を問わず、建物完成後から年月の経っていない物件を指します。特徴としては、やはり物件自体が新しく綺麗で、設備も最新という点が挙げられます。セキュリティ完備の場合も多く、日常生活の安心度が高いことも特徴の一つです。

新築・築浅というと、中古物件に比べて家賃が高いと感じられる場合が多いですが、最近では賃料が下げられている傾向にあります。賃貸物件に移り住む場合は、引越し費用や敷金等の契約に関する費用を必ず負担しなければなりません。可能な限り支出を抑えつつ、快適な生活のための必要経費を最低限確保するため、家賃の傾向を事前にしっかりと調査することが重要です。

ただし、特に新築の未完成の物件については、入居可能時期について注意が必要です。建物が未完成の場合、希望日に入居できない場合もありますので、物件情報の引渡の項目や、契約の際に不動産会社に時期を確認することが大切です。

Copyright (C)2017賃貸契約の保証人について知っておこう.All rights reserved.