賃貸住宅の契約更新には費用が発生しますが、法定更新を選択すれば更新料を払う必要はないです。

賃貸契約の保証人について知っておこう
賃貸契約の保証人について知っておこう

賃貸住宅の更新手続き

賃貸住宅に住んだら、最初に交わした契約のままずっと住み続けることができるわけではありません。同じ物件に住み続けるならば、賃貸契約の更新手続きが必要になってきます。大体ですが、契約期間は2年くらいのものが多く、2年ごとに更新手続きをしなくてはいけません。この更新手続きには費用が発生します。一般的には、契約更新料は家賃の一ヶ月分が必要になってきます。更新のやり方によっては、更新料だけでなく更新手数料が必要になることもあります。契約更新の時期が近づいてから慌てなくてもいいように、余裕を持って費用の準備をしておくことです。

しかし、更新料を払わなくても契約更新ができる方法があることを知らない人は意外と多いです。法定更新と言う方法があって、この方法を選択すれば更新料を払う必要はありません。もちろん、法定というだけあってきちんと認められた権利です。貸主なり管理会社に法定更新の意思を伝えればいいだけです。当然ですが、更新料を払う必要のない法定更新を選んだ借主に対して、退去を迫ったりすることは固く禁じられています。しかし、借主に家賃滞納などがあると、法定更新ができなくなる可能性があるので注意が必要です。

Copyright (C)2017賃貸契約の保証人について知っておこう.All rights reserved.